style

若手社員が写真とともに綴る、ある一週間

ビジネスコンテスト受賞経験を多数持つ、「うさぎノート」プロダクトオーナー

平田 淳

株式会社リクルートホールディングス

R&D本部 Media Technology Lab. アクセラレーショングループ

Profile

平田 淳(ひらた じゅん)
2015年中途入社。津田塾大学在学中、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する「未踏IT人材発掘・育成事業」に採択されるほか、リクルートの新規事業提案制度「NewRING」でプレゼント動画を作成できる「MINMOO」というサービスをリリースしグランプリを受賞。学生時代から多くのサービスの企画・開発に関わる。卒業後、ベンチャー企業でアプリケーションエンジニアとしてプロダクト開発に関わる仕事全般を経験した後、株式会社リクルートホールディングスへ。現在はリクルートホールディングスの新規事業提案制度である「New RING ‐Recruit Ventures‐」で初めて事業化が決まった先生と保護者の連絡支援ツール「うさぎノート」のプロダクトオーナーとして活動。
※2016年3月時点です。

私の一週間 #Just thing

MONDAY

出勤前に同僚とホテルのレストランで目標達成のお祝い

平日の朝に同僚とホテルのレストランでごはんを食べながら、目標達成のお祝いをしました。目標達成の過程で辛かったこともいまでは笑い話になりますね。朝ごはんを食べ終わったら、一緒に歩いて出勤。オフィスがある銀座周辺は、朝からオープンしているおしゃれなカフェやレストランが多いので、うれしいです。

TUESDAY

「うさぎノート」を使っている先生からの感想に感動

「うさぎノート」は教育現場で使われているサービスなのでヒアリングをしながら仮説と検証を繰り返しているのですが、「こんな風に使って学校がこうなるといいよね」と話していたことがその通りになっているという感想を「うさぎノート」を導入している学校の先生からいただいたときには感動しました。それと同時に、このサービスを大切に育てていきたいなと思いました。

WEDNESDAY

思い立ったときに一人ハッカソンすることも

「うさぎノート」を利用している先生、保護者のことを考えながら、事業をどう育てていくか、どう実行するかを決めていく時間が一番楽しいです。「このカスタマーサポート業務を効率化したい!」と思ったときは、2、3時間くらいで一人ハッカソン(笑)をすることも。これは自分がプロダクトオーナーでもあり、エンジニアでもあるからこそできる楽しみな気がします。

THURSDAY

日々のインプットが業務に役立っています

毎日Qiita(技術情報共有サービス)で情報収集したり、知り合いがFacebookやTwitterでシェアしている記事を見たり、新しいサービスや技術についての文章に一通り目を通すことにしています。日々こうやってインプットしていることが業務に役立っている気がします。自分の尊敬するエンジニアさんや起業している方にお会いしてお話を聞くことも、とても勉強になります。

FRIDAY

Media Technology Lab.はリクルートらしい場所

リクルートホールディングスの新規事業提案制度「New RING - Recruit Ventures -」に毎回多くの人が応募していることに、リクルートの文化を感じます。Media Technology Lab.はRecruit Venturesの審査を通過した人たちが事業化するために集まる場所なので、私がいるMedia Technology Lab.はリクルートらしい場所なのかもしれないですね。写真は「New RING - Recruit Ventures -」のイベントの様子です。

SATURDAY

オンとオフの意識をしたことはあまりないかもしれません

休日は、自炊したり掃除したりしています。オンとオフの意識をしたことはあまりないですが、仕事とは関係ないことをしている瞬間はオフになっているような気がします。写真は、自分のなかでは一番きれいに盛りつけられたグリーンカレーです(笑)。

SUNDAY

アフタヌーンティーをしながら友人と近況報告

休日は、小学校のころからの友人とアフタヌーンティーに行きました。いつもお互いに近況報告をしています。来年から海外の大学院に進学するとの話を聞いて、その道で頑張ってほしいなあと思うと同時に、あと少しで海外に行ってしまうと思うと寂しくなりました。分野は違うけれども研究を頑張っている話を聞くと、自分も仕事で良い結果を出せるように頑張りたいなあと思います。

3年前の自分に一言

何をやってましたか?

大学生でビジネスコンテストに出て入賞

大学3年生のときに、友人とビジネスコンテストに出て入賞しました。その審査会で、「大学で情報科学を学んでいるなら、自分たちでプロダクトも作れるよね」と審査員の方に意見をいただいたことがきっかけで、どんなに良いアイデアがあっても作れないと意味がないと思い、エンジニアになろうと決めました。その後、「未踏IT人材発掘・育成事業」に採択されたりと、充実した大学生活だったと思います。

3年後の自分に一言

何をやっていたいですか?

自分が一番価値を出せることをする

その時代に合っていて、自分が一番パフォーマンスを発揮できる仕事をしていきたいと思っています。3年後は、リクルートで働いているかもしれないですし、もしかしたら自分の会社を作っているかもしれないですが、常に新しいことを学びながら、変化の激しいこの業界で自分なりの価値を出していけたらと思っています。

MODE
FILTER
カテゴリ別
職業別
特性別