• グローバル
  • 新卒5年未満
  • 女性
  • ダブルワーク

Indeed Tokyo 新卒
女性エンジニアの仕事論。

朝原 奈津未
株式会社リクルートホールディングス
人事本部
グローバル人事
IT人材統括室
次世代ITグループ
エンジニア
2016年新卒入社
エントリー

コードという共通言語を
ハブにした
オープンで
フラットな文化が心地よい

現在はどのような仕事をしていますか?

直近は、中小企業などが採用ブランドサイトを手軽につくるためのサービスである「Dradis Career Pages」というチームに所属していました。「Dradis Career Pages」 は、「Indeed」に求人を投稿した中小企業向けで、企業の説明や従業員紹介などのコンテンツを持ったブランドサイトの作成をサポートすることを目的としたサービスです。作成したブランドサイトには投稿した求人が自動で公開されます。公開したブランドサイトはSNSなどで共有してもらい、企業の広報に役立ててもらうことを目的にしています。スタートアッププロジェクトなので、大まかなアイディアから詳しい仕様を固めていき、サービスを立ち上げるところまで一貫して行っていきました。私はチーム内では主にフロントエンド全般を担当していました。

学生時代はどんなことに打ち込んでいましたか?

大学では情報科学を専攻し、インターフェースの研究をしていました。プログラミングを好きになりエンジニアになろうと思ったきっかけは中学時代です。当時私の周りでWebサイトをつくるのが流行っていて、プログラム言語の1つであるPerl(パール)を使って掲示板を作ったことで、プログラミングの楽しさを実感しました。当時は専攻や就職にまで結びつくとは思っていませんでしたが、楽しいことを続けていけるのが一番です。

就職するにあたり、Indeedを選んだのはなぜですか?

就職を考えた時、最も重視したのがエンジニアにとっていい環境、雰囲気なのかどうかということです。Indeedは自由な社風、エンジニアを大切にしてくれそうなところに惹かれました。決め手になったのは、Indeedに就職していた先輩が「楽しく仕事をしている」とおっしゃっていたことです。大学、大学院で学んだ情報科学の知識も活かせそうに思えたのも大きかったです。

実際に入社してみてどうでしたか?

少なからず社会に出ることへの恐怖があったのですが、Indeedは社内の雰囲気が本当によく、エンジニアを大切にしてくれるところがイメージどおりでした。Indeedではすべてがオープンです。サービスはすべて社員に公開され、新しいものを作ったときにだれもがそれを参照できますし、レビューもだれもが見られるようになっています。思わぬ方からコメントがつくこともあり、そういうのを発見すると「みんなでつくっている」ということを実感します。すべてのコードが社内で公開されているので、私も何か実装したいことがあるときにはまず先例を探し、先輩たちの技術を学ぼうと心がけています。全オフィス共通のチャットクライアントもあり、質問をすればみんな喜んで助けてくれます。そういう意味でもオープンな環境です。

Indeedの中での女性エンジニアという立場はどうですか?

大学のときから女性が少ない分野なので、男性の多い環境には慣れていました。入社しても良い意味で女性ということを意識することは特にないです。職務の上では女性だからという理由でハンディを感じたりはしません。ですが、女性の活躍を応援する文化はあります。Indeedの中には「Indeed Women in Tech」という女性エンジニアのグループがあり、女性たちで話す機会をつくるために食事会を開いたりしています。先日はグループのこれからの目標についてなどが話題に出ました。そういう場を通し、男性とのパフォーマンスの差に悩むことや自己評価が低くなってしまうことのない様に改善策などを話し合っています。

社内の雰囲気を教えてください。

ダイバーシティというのはIndeedの大きな特徴の一つであり、いい意味で差がないと思います。コードという共通言語があり、それをハブにして全員で仕事をしているため、非常にオープンでフラットな文化だと思います。英語だからというのもあるかもしれませんが、上司にも気軽に話しかけられますし。

Indeed内でのコミュニケーションは英語ですが、不便さはないですか?

英会話は苦手だったんですが、入社前後の研修と、アメリカで行われるIndeed Universityという研修制度で鍛えられました。今のチームは、東京オフィスにイタリア人と中国人、日本人がいて、オースティンオフィスにマネージャーがいます。なので、オースティンオフィスとオンラインで連携しながらサービスをつくっています。コミュニケーションは、基本はチャットやハングアウトを使います。オースティンにいるエンジニアがレビューに参加してくれるときもあります。レビューで学ぶことも多く自分と違った新しい視点が得られてバグも減らせるかなと思います。

「こういう機能が実現できないかな」
思いついたアイディアを
かたちにする「0→1」

朝原さんは「0→1」「1→100」どちらだと思いますか?

「0→1」でしょうか。どちらかと言えば新しいものを生み出す方が得意かもしれません。
どちらも楽しいのですが、「こういう機能が実現できないかな」などと構想しているときのほうが楽しいです。私はそんなにアイディアが豊富な人間ではないので、能動的にアイディアを考えるのは苦手ですが、思いついたアイディアをかたちにするのは好きです。

「0→1」「1→100」を業務の中で感じたことはありますか?

考えをかたちにするという意味では「0→1」を感じたプロジェクトがありました。Indeedでは年に一度各国オフィスの新入社員をオースティンの本社に集め、チームを組み新しいサービスを作るという研修を行っています。ブレインストーミングを通して出てきた小さなアイディアから、サービスとしてローンチし、データを取って分析するというところまで自分たちでやります。研修といっても、実際にサービスをゼロから開発し、世界中の人に使われるんです。
私たちは、カスタマーが求人を検索する際にまだ見ていない求人を探しやすくするというサービスを開発しました。もともとのアイディアは、「すでに見た求人をマークして表示しないようにする」というものでした。チームのみんなでディスカッションしながら、それに加えて複数の検索クエリをまとめて表示したり、既存の求人を保存する機能に対し保存ボタンをつけることで保存しやすくしたりという機能を考え実装していきました。今まで誰も思いつかなかった機能を自分たちの力でかたちにする、「0→1」の経験でした。
さらに、先ほどお話しした「Dradis Career Pages」を担当していたとき、ページ編集のプレビュー画面でライブプレビューという入力欄に入れたものが即座に反映される仕組みを導入しました。Indeedでは同じような試みはまだなく、ベースがない状態から作っていく必要がありました。なんとかローンチまでに間に合わせることができ、週末のプレゼンで周囲から歓声が上がったときは嬉しかったです。

ライブプレビュー機能を実装するにあたってはどのようなところが大変でしたか?

Indeedの文化である「早く出す」「早く評価する」というところです。プレビューに出すページのデザインは、実際に出すものと同じでなければなりませんよね。技術的な話になってしまいますが、フロントエンドにReactを使っているんですね。でも求職者側のページデザインは、ピュアなHTMLで書かれている。それをReactコンポーネントにしてプレビューをしたいとなると、そのまま自然な実装をするだけではうまくいかないことがありました。テンプレートは共通にしたいので、求職者側のアプリからAPIでページのデザインを取ってくるようにし、Reactコンポーネントとしてレンダリングするようにしました。実装自体は理想的ではない部分もあったものの、とりあえず小さく作りローンチするというIndeedの文化に沿って「現段階ではこうですが、ここをこうするともっと良くなる」というコメント付きで出しました。「あとでパフォーマンスが問題になったら、徐々に改善して実装をしていこう」という意識がスタンダードです。個人としては、フレームワークの設計思想に沿わない実装はしたくないのですが、動くものを作りカスタマーからのフィードバックを得るというプロセスを短い周期で繰り返すのがIndeedの強みです。最初から完璧な設計を目指すのではなく、評価したい機能を小さく素早く実装していく、という違いに戸惑うこともありました。もちろん、作っていくうえで最低限綺麗に書かなければならない部分はあります。「早く出す」「早く評価する」という社内の文化があるなかでそのボーダーを決めるのはまだ難しいですね。
仕事に対するポリシーとしては、可読性が高くてメンテナンスが簡単、概念とコードが対応している設計をすることを意識しています。

強い「フルスタック」な
エンジニアになりたい。

仕事以外の時間はどのようなことをしていますか?

私は標準労働時間を過ぎればたいてい帰りますので、残りの時間は学生時代から続けているWebのアルバイトに充てています。リクルートはルールを守れば副業が許されています。そのアルバイトが本当に好きだったので、それが続けられるというのもここを選んだ理由の1つです。副業がIndeedの業務にも活かされていると思っています。開発の基本的なところとか、コードを書いて、コミットして、プッシュして、レビューを受けるという業務フローはアルバイトで学んだことが活かせています。

今後はどのようなことをやっていきたいですか?

コードを書くのが楽しいので、それをずっと続けていくのが大前提なのですが、将来的には「強い」エンジニアになりたいと思っています。ある程度なんでもできて、周囲に頼りにされるような存在に。1人でシステム開発や運用を行える技術者である「フルスタック」になりたいですね。やりたいと言ったことは何でもやらせてもらえるという雰囲気がありますので、苦手なジャンルがあっても、それを得意としている人の下へ行って勉強させてもらえる風土があります。もちろん1つのスキルを極めるのもいいと思います。挑戦を続け、力をつけていきたいですね。

どのようなスキルをもっていると活躍できそうですか?

コード書くのが苦じゃないというのが1番大事だと思います。プログラミングコンテストが好きな人、とにかくコードを書くのが好きな人、色々いると思いますが、同期を見ても特に特別なスキルが役に立つ、というのはないと思います。ただ、コードを書くのが好き・得意、そしてそれを学びながら強めていける人だと活躍できる環境だなと持っています。

エントリー

PROFILE

朝原 奈津未(アサハラ ナツミ)

エンジニア
2016年新卒入社
Indeedではまだ数少ない新卒女性エンジニアとしてリクルートホールディングス入社。1年の間に2つのチームを経験し、現在はジョブサーチサービスシステムに携わる業務を担当。先輩エンジニアの技術を学びながらスキルを磨き、プレゼンで発表したライブプレビュー機能は周囲から「cool!」の声を引き出した。あらゆる方面での知識を身に着け、周囲に頼りにされるフルスタックエンジニアを目指す。