• ダブルワーク
  • 起業経験あり

世の中の解けない課題はなくせる。
官僚志望から起業、そしてリクルートへ。

渡邊 亮輔
株式会社リクルートジョブズ
商品本部
プロダクト開発室
メディア開発部メディア開発2グループ
兼 プロダクトプロデュース室
メディア企画部派遣領域企画グループ
プロダクトマネージャー
2012年新卒入社
エントリー

広く、深く。
理想の先に自分のスタイルを追い求める。

プロダクトマネージャーとして、どんな仕事をしていますか?

アルバイト領域である「タウンワーク」を約4年担当したのちに、派遣事業領域である「リクナビ派遣」の担当になりました。アルバイト領域の事業と派遣領域の事業は一見似ているようで事業モデルが違っています。アルバイト領域における我々の役割は、はたらきたい求職者と雇いたい会社をマッチングすること。それに対し派遣領域においては、はたらきたい求職者と、誰かを雇いたい会社、それに派遣会社の3者のマッチングが求められます。求職者の方に、派遣会社と派遣先のお仕事両方に対して「この会社でよかった」という想いを持ってもらうことが大事だと考えています。同じ採用という括りの中でも、その違いが大変さであり、面白さでもあるということを実感しています。

では、なぜリクルートに入社しようと思ったのですか?

「もっと自由な働き方ができないものか」と模索している時に、たまたまリクルートの社員と話をする機会があり、意気投合したのがきっかけでした。初めは行政職、官僚を志していて、京都市役所でアルバイト、経済産業省でインターンなどしていました。産業を盛り上げる、新しい産業をつくることをやりたかったのです。そんななか、ベンチャー企業のインターン先で「産業の仕組みをつくりたいなら、自分で会社やってみれば?」といった話をされ、それを真に受けて学生のときに起業しました。実際に会社を起業することで、より自由な考え方ができるようになり、自分のスタイルに合う働きかたを探すようになりました。そこで、社会に与える影響力が大きな企業で、働きながらも自分の会社を継続することができる、リクルートに入社しました。

学生時代に起業されたそうですが、どんな会社ですか?

京都で学生エンジニア・デザイナーのためのコミュニティ運営と、脳力開発ゲームを中心にアプリ開発を行う会社を起業しました。

リクルートに入社して良かったことはありますか?

間違いなく視界は広がりました。自分で会社をやっていただけだと絶対気づかなかった世の中全体の動きが見えるようになったと思います。リクルートに入って良かったと思うのは、創業事業のHR(ヒューマンリソース)という人材領域に関われていることです。HR領域は、会社という形態であれば必ず関わるものであり、人々の人生の大きな部分を占めているので、そこに関われている面白さというのはありますね。「やれることの大きさ」だったり、「情熱をもって手を挙げれば任せてくれる文化」だったり、リクルートでしか経験できないことばかりです。

「0→1」「1→100」両方ある会社はリクルートならでは。
唯一無二のユニークネス。

ご自身は「0→1」、「1→100」どちらだと思いますか?

学生時代から事業を自分でやっていることや、リクルート内でも新規事業や既存サービスのリニューアルといった「0→1」をやることが多いですね。「0→1」は、「世の中の流れを掴む」ということが醍醐味であり苦しいところでもありますが、そこが面白さだとも思います。今後としては、個人では絶対に成し遂げられないことを社会レベルでちゃんと実現したいなという想いがあるので、そういう意味では「1→100」にチャレンジしていきたいと思っています。

リクルートの中で「0→1」、「1→100」を感じた経験があれば教えてください。

「タウンワーク」のWebサイトリニューアルという「0→1」をやらせてもらい、基盤からUIデザイン全てに関わりました。ただ、リリースしてみると応募効果が落ちてしまい、そこからまた「1→100」の改善作業に。原因は、詰め込み過ぎ。カスタマーのために「便利にいろいろ」という想いが、「使いにくいもの」にしていました。落ちた応募効果を戻すために、チーム全員が当事者意識を強くもち、アイディアを出すことで状況を打開しました。「0→1」、「1→100」のどちらかだけを行う会社はあると思うのですが、どちらもある会社はリクルートならではだと思います。「0→1」が得意な人、「1→100」が得意な人、どちらも共存することでお互いを刺激し合い、シナジーを生んでいるのではないしょうか。

ご自身の仕事が世の中に影響をあたえていると感じる瞬間はありますか?

求職者、派遣会社、派遣先企業の方とお会いする機会は多いのですが、インタビュー・ユーザビリティテストを繰り返しながら作った新しい機能やデザインが世の中に出て、カスタマーの反応をいただけると、お仕事探しに微力ながら貢献できているのかも、と思います。

「世の中を変える」「技術を追求する」
どちらもできるからリクルートは面白い。

リクルートで成し遂げたいことはなんですか?

HRの領域は、他の領域に比べるとテクノロジーの関与が少なく、日本においてはようやくテクノロジーにより大きく変わり始めたという印象を持っています。求職者からみると「はたらく」に関わるすべて、企業側からみると採用にとどまらず人事・労務に至るまでのすべてに関わっていきたいです。今は派遣業界を担当しているので、求職者のお仕事探しと就業、派遣会社の業務全般を、より便利に進化させていきたいと思っています。

将来の夢を教えてください。

イノベーションが生まれ続ける「経済特区」のようなものをつくりたいと思っています。最近、運営しているエンジニアコミュニティで、社会・公共課題に取り組む人の話を聞き、テクノロジーをつかって解決できる課題とは何か、どのように解決できるかを議論しはじめました。世の中の難しい、あるいは解けない課題を確実に解決できる仕組みをその経済特区でつくりたいと思っています。リクルートは、事業を0から始めて100まで経験できる数少ない企業だと思うので、ここでの経験は将来、絶対に活かすことができると思っています。

どんな人と一緒に働きたいですか?

やりたいことがあって、それを実現するために必要な準備ができ、実行できるということが大切だと思います。「世の中レベルで何か変えたい」と思っている人にはすごくいいかもしれません。HRの領域は、これから変える余地がたくさんあると思っているので、世の中に与えるインパクトも大きいと思います。
あと、エンジニアと協働する機会を通じて、「技術を追求して、世の中の価値に変えたい」というエンジニアと一緒に働くことも面白いと思っています。彼らに面白い課題や「こういう人がこういったことで困っている」と伝えると、こんなことができるのではないかと食いついてくることがあるのです。「0→1」、「1→100」が共存するリクルートという環境だからこそできる働きかたやコラボレーションがあると思っています。技術で世の中をよりよく変えることができると信じている人と働けたらいいですね。

エントリー

PROFILE

渡邊 亮輔(わたなべ りょうすけ)

ビジネスグロース
2012年新卒入社
プロダクトマネージャーとして企画から実行段階まで幅広く担当し、タウンワークにおけるUI(ユーザーインタフェース)を刷新、面接せずにすぐに働けるアプリ「JobQuicker」の立ち上げを行う。現在は、「リクナビ派遣」のプロダクトマネージャーと、派遣事業領域の戦略検討を担当。また、「はたらく育児」を応援するプロジェクト「iction!(イクション)」では、福岡の在宅ワークを支援する「GrowthHack*ForWomenプロジェクト」の一環で、デジタルハリウッド大学にてグロースハックの講師を担当し、新たな働き方を応援する。プライベートでは、学生時代に立ち上げた会社を経営し、アプリ開発と「エンジニアのためのコミュニティスペース運営事業」も運営する。